株式会社人事情報システム
「人事・総務」部門の先進的アウトソーシング&コンサルティング  株式会社人事情報システム
ーム/事業内容/優位性と特長/コンプライアンスへの取組/アウトソーシング/料金一覧/会社概要/よくある質問/人事コンサルティング/給与計算/就業規則/セクハラ・パワハラ/メンタルヘルスサポート/労務相談/詳細

アウトソーシング

導入のメリット 正しいアウトソーサーの選定 導入の手順 注意点



アウトソーシング成功のカギは正しいアウトソーサー(委託業者)の選定にかかっているといえます。
後でしまったということにならないために選定には十分時間をかけましょう。
以下にアウトソーサー選定の留意点をいくつか示しますので参考にしてください。

 

まず、重要なのは当初の目的を明確にし,とくにコスト面だけにとらわれていないかどうかを確認することです。コストにとらわれてしまって選定したあとで,アウトソーサーに専門的な質問を求めても答えてくれなかったという話をよく耳にします。アウトソーサーのスキルやメニューをきちんと把握し,質問対効果を踏まえて契約範囲を明確にすることがポイントです。
選定にあたっては,アウトソーサーの候補会社の中から,見積書を提出させます。報酬面において認識のずれが多く発生する可能性があるので注意が必要です。 また,提案書もあわせて提出させることによって提案力があるアウトソーサーを選択することで,ある程度その後の失敗を回避することが可能となります。なぜなら,提案力のあるアウトソーサーであれば経験が豊富な場合が総じて多く,また,アウトソーシング後においても改善点をみつけ,業務の再提案をしてもらえることもあるからです。
■情報を収集する 
業者を探す際の情報の収集では,第1にインターネットの活用があります。各アウトソーサーはインターネットにホームページを掲載していますので参考にするとよいでしょう。
 また,業界の各団体が主催するセミナーや展示会へ直接参加して情報を得ることもできます。アウトソーシングが成功するか否かは,能力が高くいかに会社に合ったアウトソーサーにめぐり会えるかが重要になります。そのためにもより多くの情報を入手し選定することが大切です。

■見積書・提案書を請求する
情報収集と同時に上記の選定ポイントを備えているか個別にアウトソーサーと接触を行い,まずは数社程度に絞り込みます。
絞り込みができたら,アウトソーシングを行う業務内容を明確にしたうえで提案書,見積書,アウトソーシングヘの移行手順などの説明を求めます。 

■選定する

 提案書や見積書が各社から出揃ったら、選定ポイント(アウトソーサーチェックリスト)にもとづいて比較検討を行います。選定ポイントについては会社にとって重要視するポイントを決めて,総合的に判断することが大切です。 アウトソーシングは導入する前に目的・目標が何かを明確にし,業務プロセスの作成を自社で行い,アウトソーシング導入後も業務プロセスの見直しを継続的に行うことが成功につながります。


このページの先頭へ

Copyright(C) 2016 株式会社 人事情報システム All Rights Reserved.